犬のシャンプー


用意するもの・準備



ドライヤー、ブラシ、肛門腺絞りをしておくことが シャンプーをするまえの準備です。 ブラシでよくといておかないとなかなかとけにくくだまになっている 場合もありますのでドライヤーもかけづらくなってしまいます。 肛門腺絞りは、犬には肛門腺があってドロっとした分泌物がでますので 絞っておきます。

いきなりシャワーをかけられた犬はびっくりしてしまいますので 少しずつ慣らしていくことが大切です。 シャワーやお風呂がはじめてならなおさらのこと。 パニックになってしまうかもしれません。 ドライヤーをいやがる犬もいますので すこしづつ風をあてて慣らしておきましょう。

犬にとってシャンプー、ドライヤーは嫌いという 犬もいるでしょうが、きれいにするにはやらなければなりません。 犬のためと思ってがんばってやってみましょう。


シャンプーはどこから?

洗う時にはおしりのほうから首のほうへむかって洗うようにします。 頭は最後に洗いましょう。 いきなり頭にシャワーをかけられるとびっくりしてしまいます。 温度は人がきもちいいと思っているよりも低い温度にします。 ぬるま湯で洗います。

あまり上からかけるよりも近くでそっとかけてあげることが大切です。 シャンプーはいやがる犬もいますがきれいにするにはシャンプーも やってあげなければなりませんね。 毛の下の地肌のほうまで念入りに洗います。 おしりもつま先もきれいにしてあげてください。
全身きれいにしてあげたらシャンプーは終わりです。

どうしてもシャンプーがだめなようでしたら動物病院でやってもらいましょう。 トリマーは慣れていますので犬もおとなしくシャンプーをします。